RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

おんがく講座

今までのおんがく経験を、勝手気ままにお送りしています!!

   (公式ホームページ:http://www.ideasound.net/)
<< マルチレコーダー 2 | main | AKG C414比較テストNo2 >>
AKG C414比較テストNo1
マイク!色々ありますね〜でも30年もシリーズで出てるマイクはそんなに無い気がします。
今回紹介するAKG C414シリーズこれは30年以上もシリーズで出ているマイクです。
僕が業界に入った頃このシリーズはもうありました。その頃はC414EBという414シリーズ1番目の商品でした。このC414EBは今でも僕の一番お気に入りのマイクです。もちろん現役でバリバリに使用してます。ではAKG C414シリーズを紹介しましょう。最初はC414の原形C12A、そしてC414EB、C414EB P48、C414B ULS、C414TL、C414TL2、C414 B-XLS、C414 B-XL2、さすが30年の歴史です。今回はアコースティックギター録音で検証してみました。これはプロサウンドに載せてもいます。弾いて頂いたのは矢井田瞳さんなどたくさんのアーティストのお仕事されている西川進さんです。ここではプロサウンドに載せているのと重複しないように各音源を聴いて頂こうと思います。まずは基本になるマイクはC414EB、これに決めました。僕の独断ですけど!
このマイクは今のように大量生産ではない時の商品なので技術陣の気合いが入っているマイクです。では試聴を始めましょう。まずはC414EBに9Vのファントム電源をかけたものでのチェック、そしてC414の原形C12Aの試聴です。試聴で得にみなさんに聴いてほしいところは音源の最後の所の音がなくなって行くすなわちリリースの所です。ナマの音と同じようにリリース部分の低倍音が良く録れているかをきいてください。今回の2本はちゃんとナマと同じに低倍音が録れています。僕らの仲間達の会話ではよく低音がおちてるね!と会話をします。ちゃんと地に着いている音かと言う意味なんですが、本当にそこをきいてください。今後のアップする音源はその部分がC414EBやC12Aと比べるとみな低音が上がっています。

写真左から ●C414EB,    ●C12A

どうでしたか?C414EB凄く繊細な音をしているでしょう。そして、C12AこのマイクはC414EBよりもガッツが有って同じ音源でもロックぽく有りませんか?みなさんの御意見も聞いてみたいですね。宜しくです。
後、このC12Aはキャノンタイプに変更してあります。本来は下記写真の型です。

| マイクレビュー | 05:40 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
414何度も再生して聴かせていただきました。当方はアマチュアで、414と言えどもなかなか入手するのは難しいのですが、購入する踏ん切りがつきました。

一つお伺いしたいのですが、こちらの音源、マイクプリはやはり良いものをお使いになってるのでしょうか?

差支えなければご教示いただけますと、幸いです。
| どんちゃん | 2010/12/08 1:27 PM |










http://blog.ideasound.net/trackback/260703