RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

おんがく講座

今までのおんがく経験を、勝手気ままにお送りしています!!

   (公式ホームページ:http://www.ideasound.net/)
<< マルチレコーダー 1 | main | AKG C414比較テストNo1 >>
マルチレコーダー 2
72年頃はまだツーツーダビングと通称言われていた、2CH(カラオケ)+Voダビングでのマスターテープ作り。4CHマルチレコーダーでのマスターテープ作り。8CHマルチレコーダーでのマスターテープ作り。16CHマルチレコーダー録音はまだ限られた人が使っていた時代でした。それでみなさんちょっと考えて下さい、カラオケは今と違ってフルオーケストラを一発録りしていたのです。すごいでしょ!一発録りですよ一発録り!!この頃のテープシート(どこに何が録音されているか判るシート)の事を書いておきます。4CHマルチテープレコーダーは1CH、2CHがカラオケ3CHにコーラス4CHにVoというように、プロジェクトによってはこの4CHをTDしながら別の4CHマルチテープレコーダーの1CH、2CH入れ録りをして後3、4CHにダビングし、その後TDでマスターテープを作っていました。8CHはまた違うテープシートで1CHにBASSとKich、2CHにSNとHH、3CHと4CHに TOMとシンバル, 5CH,6CHにステレオで GtやPf,Strings,7CHにコーラス,8CHにはVoというようにした後TDをしていました。今では考えられないでしょ。でもね、これがすごいパワーのみなもとになるのですよ。プロデューサー、ミュージシャン、アレンジャー、エンジニア等の一瞬の4、5分間ここにはミスがは許されないからです。もし一人でも間違えたら最初からやり直しになるでしょ!だからすごいパワーと気が入ったマスターテープになるのです。

| マルチレコーダー | 03:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.ideasound.net/trackback/235713